医療がこの先どれほど進歩したとしても

医療がもっともっと進歩したときには、人間は不老不死になるかもしれませんね。
今の医療でも人生80年時代になったのだから、あと10年経てば人生90年時代、その先は人生100年時代になるのかもしれません。
医療技術が進歩すればそれだけ恩恵があるけれど、私はどんなに医療技術が進んで不老不死が実現できたとしてもそれを拒否します。
生きる権利もあればその反対の権利もあると思うからです。
もちろん健康で人の世話にならず、世の中のためになる人間なら頑張って生きますが。
病院のベッドで寝たきり状態とか、介護施設に入って介護サービスを受けなければ生きる場所がないのはつらい。
医療の進歩で治らないと言われていた病気が治るようになったことは素晴らしいと思います。
それでも人間はいつか死ぬから生きている間精一杯頑張れる生き物だと思います。
永遠の命を手に入れてしまったら、人は汗を流して働くことも自分を磨くこともしなくなるのでしょう。